SAP案件とITコンサルタント - SAP案件について

SAP案件について
SAP案件について > SAP案件とITコンサルタント

SAP案件とITコンサルタント

SAPを導入するといった仕事内容が多いSAP案件ですが、これを受けられるのは主に誰なのでしょうか?
主な対象となる職種の一つが、ITコンサルタントです。
ITコンサルタントとは、その名前の通り、IT関連の戦略の提案などを行うことですが、そのほかにその企業のシステムの提案や、その実現のためのマネジメントを行うコンサルタントのことです。

SAPを導入するのは、その企業のシステムの構築に当てはまりますから、ITコンサルタントの担当になります。
実際にSAP案件の募集要項を見ても、募集職種がITコンサルタントとなっていることもあります。
また、これら案件自体が、ITコンサルタント向けとなっていることもありますね。
このようにSAP案件は誰向けの案件かというと、コンサルタントの中でもITコンサルタントとなります。
普段からこのような専門のコンサルとして仕事をしていれば、SAP案件も受けやすくなります。

ただし、この案件を受けるには、大前提としてSAPに対応できることが必要です。
ITコンサルタントが対応する仕事内容は多く、SAPとは関係ない、一般的なIT戦略のお仕事もたくさんあります。
主にそちらの案件をこなしているITコンサルタントが、急にSAP案件を受けられるかというと、難しいことが多いです。

SAPを扱うには専門のスキルと知識が必要ですから、これを身に着けないといけません。
もしチームで仕事にあたるなら、その中に最低一人はSAPに対応できるメンバーがいることが必要です。
このようにSAP案件はITコンサルタント向けの案件となりますが、それに対応できる知識は必ず必要になります。
対象者と必要なスキルはよく確認しておくと、この案件を受けやすくなります。