SAPの資格とは - SAP案件について

SAP案件について
SAP案件について > SAPの資格とは

SAPの資格とは

クライアント企業から募集されるSAP案件には、条件として関連する資格を持っていることが指定されている場合があります。
この資格とはなんでしょうか?

これはSAPに関する一定の知識や技術があることを証明する資格になります。
取得するためには、試験を受けて合格することが必要です。
試験に合格すれば、このSAPに精通していることが認定されます。
試験の結果以外に必要になる条件はありません。
たとえば特定の有料セミナーを修了していることや、このSAPの実務経験年数などとは関係なく、とにかく試験に合格すればOKです。

ちなみにこの試験に合格して得られる認定とは、このSAPを出している会社からの認定になります。
そのソフトを作り、販売している会社からのお墨付きですから、SAPに関する知識や技術があるものとして、いろいろな企業で信頼されやすくなります。
だからこそSAP案件では、この資格を持っている方のみ応募可と、応募を制限されることもあるのですね。
それだけその募集では、SAPに関して確実な知識を持っている人を求めているということです。
しかしSAPに関する知識や経験は人によってばらばらですし、これに詳しくない企業などが各人材の実力を見極めるのは大変難しいですから、この資格を基準に判断されることが多いです。

そのため、SAPに関する資格を持っていると、この分野の案件を受けやすくなります。
この資格を持っている方のみという応募制限がついているものはもちろんですが、特にそのような制限がない案件でも、資格を持っている方が選ばれやすくなります。
SAPの資格とはこのようなものです。
これがないと絶対にこの案件を受けられないわけではないのですが、持っていた方が有利です。