SAP案件での平均年収 - SAP案件について

SAP案件について
SAP案件について > SAP案件での平均年収

SAP案件での平均年収

実際にSAP案件をこなしていくと、これで収入を得られます。
この案件は比較的単価が高いため、これを主にこなしている方たちの平均年収も高くなりがちです。
一年間この案件をこなせたとして、年収はいくらほどになるのでしょうか?

これは職種や各企業によっても違うのですが、たとえばこのSAP案件をよくこなしているコンサル会社の場合、各コンサルの平均年収が1000万円を超えることも珍しくありません。
もちろん給与の水準は会社にもよるため絶対ではないのですが、基本的にこのSAP案件はかなり専門知識を必要とする難しい案件になるため、報酬は基本的に高めです。
この案件をこなす中心的な職種についており、知識や経験も十分なら、1000万円以上の年収も夢ではないのです。

これは会社員としてコンサルタントをやっている方だけの話でもありません。
フリーでコンサルタントをやっており、主にSAP案件をこなしている方になると、やはり平均年収が1000万円を超えることはあります。
フリーの方が受けられる案件の中でも、SAP案件は大きなテーマの一つになっているのですが、これらは他の案件に比べても単価が高い方です。
具体的な単価は各案件によって変わりますが、報酬が月額100万円を超えることは多いですね。
つまり一年間途切れずにこのSAP案件をこなせれば、収入を上げるための施策などを特にやっていなくても、普通に年収が1000万円を超えることも多いのです。
そのため、フリーでもSAP案件をよくこなしている方なら平均年収は高くなります。

このようにSAP案件は基本的に単価が高く、主にこの案件をこなしていると年収も高くなります。
高単価の仕事を探しているなら、このSAP案件に注目してみるのもいいでしょう。