SAPに必要なスキル - SAP案件について

SAP案件について
SAP案件について > 必要なスキル

SAPに必要なスキル

SAP案件をこなすために必要なスキルとはなんでしょうか?
絶対に必要になるのが、SAPを扱うための知識です。
もっと具体的に言うと、このシステムを設定したり、扱ったりするためには、SAP独自の専門コードやプログラム言語を使いますから、これを習得する必要があるのです。

このスキルは、専門の勉強や訓練をすることで身につけられます。
その勉強や訓練ができるのは、SAPを扱うことを想定した専門のセミナーやクラスです。
ここ以外で、SAPのための専門コードや言語を身につけられることは、ほとんどありません。
なぜなら、これらSAP関連のコードや言語は、ほとんど公開されていないからです。

そもそもSAPとは何かというと、業務効率化のためのソフトウェアになるのですが、これを出しているのは海外の一企業です。
オープンソースなどではなく、れっきとした商品になるため、それを扱うためのコードや言語なども広く開示はされていないのですね。
ですからこのコードや言語など、SAPを扱うための基本スキルを身につけたいときは、関連するセミナーやクラスに参加し、そのスキルを身につけないといけません。
これがSAPのための基本スキルとなります。

これがあればひとまずSAPは扱えるようになるのですが、できればあった方がいいその他のスキルとして、英語があります。
SAPは海外製の製品で、基本的には英語での対応となりますから、これの読み書きができないと、ソフトの指示や表示などを解読できないため、SAPを扱うのが難しくなるでしょう。

SAP案件に関わる最低限のスキルとしては、このようなものとなります。
この案件に携わりたい場合、このソフトウェア専門のコードや言語、あとは英語をまずは身につけるといいでしょう。